舞台女子の必需品・舞台用うちわの作り方(手作り編)



気づいたらうちわ職人になってる。



どうもこんばんは、すくやです。


いやーこの年になってうちわ作りに
目覚めるとは思いませんでした(笑)

前回の記事では手作りと購入の
どちらがいいかみたいなお話をしたんですが、


今回は手作りの場合の作成方法を
簡単に説明しようと思います♪

ただ、色んなやり方があると思うので
あくまで私なりのやり方をお教えしますね~!


うちわ作りに必要なもの その①

正直公式様からの注意事項さえ守っていれば
何を使っても問題ないかと思うのですが、
最低限必要な道具を書くとすれば
以下のような感じです。


  • うちわ本体
  • はさみ
  • カッター
  • 両面テープ
  • スティックのり(液体じゃないやつ)
  • 薄めの紙(ルーズリーフ等)
  • 鉛筆
  • 定規


マジで最低の最低がこちら。
これがあれば一応うちわを作る
準備はできたって感じです。

どれも100均で売っていますよ!


ちなみに

100均一で売られているうちわじゃ嫌だ!

って方は、専門店へ行けば
もっとしっかりしたうちわが売ってます。

上の道具だけ揃えても、
デコるものが存在していませんね。

今度は実際にうちわを作る際に
必要なものをお教えします!

うちわ作りに必要なもの その②


私が良く使うものとしては以下の通り。


  • 蛍光シールのシート
  • うちわ作り用の蛍光シール
  • 画用紙
  • 折り紙(色んな柄物のやつ)
  • マステシール


大体これだけあれば作れます。

自分の推し色で画用紙は選んでいいですが、
最近だと色んな色が入った画用紙セットや、
寒色だけ、暖色だけを集めた画用紙セットも
売っているので、それを効率的に使うと
コストを下げられます。


私の場合は、推しの色は沢山使うので
1色10枚入りのものを買って、
それ以外はセットを2セット位買って使う
って感じですね。


ちなみに、

とにかくうちわを目立たせたい!

という方は写真にある通り、
蛍光シールが売っているので、
それを使うと簡単に目立つうちわを作れます。

あとそもそもシールになってるのでめっちゃ楽(笑)


色にもよりますが、やっぱり
蛍光の黄色とか黄緑とかは目立ちますね~。

推しの色の蛍光シールがない!って方も
色の組み合わせ次第では蛍光色よりも
目立たせることが出来たりしますよ♪

うちわ作りの手順

①文字の大きさを考える

なによりもまず大切なのは推しの名前。


まぁネタ用のうちわ(ハート作って!等)
だと名前はないですが、
ネタ用でも一番重要なのは文字ですよね。


なので、私の場合はまず文字を作ります。

うちわの大きさを定規ではかって、
1文字をどれくらいの大きさで作るか考えます。

文字数が多い名前や漢字が多い名前だと
文字バランスを考えるのがすごく難しい。

なので、例えば

  • 長い名前の場合あだ名にする
  • 漢字一文字にする
  • 平仮名にする


など、とにかく、
出来る限り見えやすくすること
が重要です。


注意
  • 平仮名と漢字まじりの場合、
    平仮名の方が大きく見えます。

  • 漢字同士でも画数の多い漢字
    大きく見えます。



そのため、全体のバランスを考えて
1文字ごとの大きさを変えた方が
良い場合もあります。
その辺は各自のお好みで!


また、大きさを決める時は、
文字を目立たせるために
最低1色は文字に枠をつけた方がいいので

うちわで取れる最高幅より
少し小さめに作ることが大事です。

②文字を書く

大きさが決まったら、実際に文字を書きます。

手書きでも良いのですが、
自筆によっぽど自身がある人以外は
通常パソコンなどで書いた文字を使った方が
圧倒的に見栄えは良いです(笑)


まずエクセルで、先程図った大きさの枠を作ります。
挿入タブ→図形→テキストボックス
ですね。

その枠に大体収まるように文字を打ち込みます。
1文字ずつやった方が良いです。

こんな感じでエクセルで入力します。
ちょっと位ならはみ出ても大丈夫。


ちなみに
家にプリンタが無いよー!
って人でも大丈夫。
私の家にもプリンタはありません(笑)


そんな時にどうするかというと、
パソコンに何も書いていないルーズリーフの紙を当てます。


そうするとパソコンの画面の文字が透けるので、
それを鉛筆で写し取りましょう!


完全に透けてます(笑)

漫画家さんが使う下からライトが当たる
あの台と同じ原理ですね(笑)

ちょっと面倒ですが誰にでも出来る方法
なので是非お試しください♪

③切り取る

文字を写せたら、今度はそれを切り取ります。
沢山パーツが分かれるものは番号を振っておくと楽です。

その切り取った文字を、
今度は本番の画用紙やシールの上に置いて、
鉛筆で形をなぞっていきます。


こうやって裏向きに置いて鉛筆でなぞります



※この時紙に対して文字は裏向きに置いてください!!


じゃないと鉛筆の跡が見えちゃうので(笑)

で、同じように切り取っていけば
文字の完成です♪


ただ、先程も言ったように
1色だけだとあまり目立たないので
他の色で先に作った文字の縁取りを作るのが
オススメです。


縁取りを作る場合にも同じように
裏向きに文字を置きます。

私は基本的に縁取りはフリーハンドで書くので、
1色目の文字より少し大きめに幅を取りながら
鉛筆で形を書いていきます。


縁取りを丸くしたり四角くしたりは
ご自由にどうぞ!
丸っぽくした方がポップな感じになります。


もっと目立たせたい場合は
同じようなことをもう一度行って
3色にするという手もあります。
私は大体3色ですね。

3色にする時は真ん中に
柄付きの折り紙を使ってみたりすると
すごく綺麗になったりします♪


真ん中に黄緑の折り紙を使うと綺麗&目立ちますね


ただ、色の組み合わせが難しいので
結構考えるのが大変ですが。。


ちなみにネタ用のうちわは面倒なので
私が作る時は2色が多いです(笑)

④文字同士を貼る

文字パーツが出来たら、
1色目と縁取り用の文字同士を貼っていきます。

のりだけだと剥がれやすいので、
私は両面テープを何か所かに貼り付けてから
のり付けしてます。

液体のりだと乾くとしわしわになりやすいので
普通のスティックのりが良いと思います。


縁取りの仕方も

  • 間に余裕を持って縁取る
  • 本当に全ての枠を囲うように縁取る

のように2種類あります。



のり付けは正直余裕を持ったパターンの方が
圧倒的に楽ですが(笑)
これは個人の好みの問題ですね。

⑤うちわに貼る

最後に2重または3重にした文字を
うちわに貼れば完成です。


ここで文字バランスが崩れると
かなりショックなので

  • 貼る前にうちわに置いてみてバランスを取る
  • 貼る際には鉛筆でバミリのように数か所印を入れておく


などをしておくと
どこにどの角度で貼ったらいいのか
わかりやすいのでオススメです!

というか絶対やった方がいい!!(笑)


文字下の飾りはどうすればいいの?

文字だけならこれで終了なのですが、
文字を貼る前に文字の後ろの装飾を
やっておいた方がいいですね。

どんな装飾にすればいいのかっていうのは
本当に自由なのですが(笑)

簡単なのは
「うちわ作り用の蛍光シール」ですね。

これは100均に売っているんですが、
既にハートや音符の形になっている
シールが売られてたりします。


こういうやつです!


また、「大好き」などの文字も
入ってるシートもあったりするので
これを使うのが一番楽ですね。


あとは私はマステを使って縁取りしたり、
マステのシールを使ってデコったりもします。

柄物の折り紙を切り取ってそのまま貼り付ける
のも良いですよ!


美術の才能がない私は
絵が悲惨なほど描けないので
折り紙様にだいぶ助けられています(笑)


あと最近私が個人的にハマってるのは
「切り絵」


薔薇と氷の結晶は切り絵で作成しました♪


これめっちゃお洒落に見えるし(笑)
普通に見た目が綺麗。
あと普通に切り絵が楽しい(笑)

まとめ

うちわ作りは本当に色々な方法があるので、
自分なりの個性を発揮しつつ楽しんで
作れる方法を考えるのが良いと思います♪

それこそ皆違って皆良いですからね!!


基本の「推しの名前うちわ」が作れたら
ファンサ用のうちわも同じ要領で作れる
はずなので、こちらも挑戦してみて下さい!


推しが自分のうちわに気づいてくれたら
嬉しいし、やってほしい仕草してくれたら
めっちゃくちゃ嬉しいですよ!!!


ファンサうちわは「ボケて!」とか
「釣って!」とか面白いうちわの人も多いです。
何を書くかも個性ですね(笑)




逆に

手作りなんて無理!!!
通販したい!!!

という方にはこちらの記事をどうぞ(笑)




皆さんも素敵な推し活ライフを送りましょ♪


タイトルとURLをコピーしました