乙女ゲーム「華アワセ」のあらすじとシリーズ紹介♪




乙女の祈りで華が咲く



どうもこんばんは、すくやです。

最近は全くプレイしなくなりましたが
私は昔乙女ゲームが好きで色々とプレイしてたんです。

ちなみに夢女子脳ではないため、自分を
主人公と攻略対象が恋人になるのを見守る壁
だと思いながらプレイしていた派なんですけど(笑)
※夢女子: 自分がキャラと恋人になる妄想をする女子


そんな中でめちゃくちゃ好きなゲームが何種類かありまして。


その中でも唯一未だにプレイするゲーム、

それが


「華アワセ」


という乙女ゲーム。


シリーズものなんですが、この度ようやく
完結巻となる最新作のシリーズが発売されることになり

これは推していかねば!!!

ということで今回皆さんにご紹介したいと思います!!!


華アワセとは?

華アワセとは女性向けのゲーム雑誌

『B’s-LOG』

が創刊10周年を記念して
2012年に第一弾が制作された


PC版の女性向けアドベンチャーゲーム


のことです。

華アワセ オープニングムービー

このゲーム、タイトルにもある通り


「本屋で買える本格乙女ゲーム」


として、何と当時本当に本屋で購入が出来たんです。


というのも、「ゲーム」として売られていたわけではなく

『ゲーム付きムック本』

として売られていたんです。


つまりムック本が主で、
ゲームはおまけというスタンスで
販売されていたんですよ!


ムック本がメインだったため、
このゲームの価格…というより
ムック本(ゲーム付)の価格はなんとたったの

【1470円】

破格すぎて当時大爆笑した思い出があります(笑)


1500円程度のゲームの内容なんて
たかが知れてるでしょw


って思った方、絶対いると思うんですが

これマジでめちゃくちゃ内容がしっかりしてて
すっっっっごい面白いんですよ。

最早これをこんな低価格で販売したのか意味が分からない(笑)


華アワセの世界観

華アワセってどんなゲームかと言うと、
タイトルからちょっと連想が出来るかもですが

【華札(花札)】

をモチーフにしたゲームになっています。

乙女ゲームなので、基本的には女性主人公と、
複数の男性キャラクターの中の1人との恋が
描かれるんですが、

その中で華札が重要な役割を持っています

なんたって

華札でバトルをして敵を倒していく

というアドベンチャー要素が入ったゲームだからです。

簡単にゲームの世界観を説明しますね!

  • 華札を用いた【華遷(かせん)】というバトルが存在する
  • 華遷を学び競い合う学校が舞台の学園もの
  • 華遷は【華詠(かえい)】と呼ばれる
    攻撃担当(攻略キャラ)と、
    その華詠をサポートする
    【水妹(みなも)】(主人公)がタッグを組む
  • 主人公は特殊能力を持つが覚醒を
    していない。
    そのため華詠とパートナーになり、
    自身の力を覚醒させていく
    (その中で恋が芽生える)


ものすごーーーくざっくり言うとこんな感じ。
華札が世界観の中心に存在しているので、
事あるごとに華札バトルがあります。

そのため、ノベルの中で選択肢を選ぶという
行動に加え、アクション要素も盛り込まれているので飽きずに楽しむことが出来ます♪


華アワセのキャラクター


華アワセの攻略キャラクターは全部で5人。
全員華遷国立学園に在学しており、
絶大な力を持っています。

主人公と合わせてざっくり説明します。


・みこと(主人公)

とある事件をきっかけに、普通の高校から
華遷を学ぶエリート校である
華遷国立学園に編入することになった。

水妹の中で最も強い力を持つ
泉姫(せんき)としての可能性を秘めている。


・いろは(CV:寺島拓篤)

華遷国立学園で学園随一の力を持つ。
超絶美形だが寡黙で俗世間に無関心、
無表情だが実は大の甘党。


・蛟(みずち/CV:福山潤)

生真面目で融通が利かない性格。
名門の出で規律を重んじるあまり、
裏切り者には容赦がない。
女性に免疫がない。


・姫空木(ひめうつぎ/CV:立花慎之介)

蛟の親友。中性的な顔立ちをしており、
気さくで男女ともに人気がある。
自分の気持ちより他者を優先する性格。
ただし病んデレ。


・唐紅(からくれない/CV:日野聡)

戦いや血を好む好戦的な性格
自信家で自己中心的で素行が悪いが成績は優秀。
女好きで破天荒だが男気があり、
女子からの人気は高い。


・うつつ(CV:杉山紀彰)

2年進級時に行方不明となり、
一切の素性が謎に包まれている。
主人公への執着が人一倍強い。



こんな感じ。

ちなみに華アワセはシリーズもので、
現在発売されているのが下記の3つ。

・「蛟編」(2012年12月5日発売)
・「姫空木編」(2014年2月26日発売)
・「唐紅/うつつ編」(2015年8月19日発売)



攻略キャラは5人いますが、
それぞれのゲームにおいて

タイトルになっている名前のキャラとしかハッピーエンドがありません。


他キャラの攻略は出来るものの、
全てバッドエンド
という
特殊な作りになっています。


そのため、気になるキャラと
ハッピーエンドを迎えたい場合は、
その名前のタイトルのゲームを購入する必要があります!


ちなみにゲーム内容はそれぞれのタイトルで
一応独立していますが、
通してプレイすると色々伏線が張られており
全体のお話は全て繋がっているように出来ているので
発売順にプレイすることをオススメします!!


○姫空木編 PVはこちら

華アワセ 姫空木編 PV


○唐紅/うつつ編 PVはこちら

華アワセ 唐紅/うつつ編 PV


見て頂ければわかる通りイラストも曲も
めちゃめちゃ美しいしかっこいいんですー!!

そしてただのイチャイチャ乙女ゲームではないことがわかると思います(笑)

出来るなら全編プレイしてほしい!!!


華アワセの推しポイント

長くなってしまいましたが、個人的このゲームの
推しポイントを紹介します!

①ボリュームがすごい

1500円のゲームなんて数時間しか遊べない

って思いませんでした?


否!!!!!


このゲーム、めちゃくちゃボリュームがあるんです。

全クリするのに平気で
30~40時間位かかります。

またエンディングも複数存在するので
全部見るためには周回も必要です!

②世界観と内容の厚みがすごい

先程の説明からもわかる通り
世界観がこれでもかというほどしっかり
作られている為、内容も驚くほど分厚い。

乙女ゲームなのに、恋愛的展開のワクワクより
この後この物語はどうなってしまうんだろう!?

というストーリーへのドキドキが高い(笑)

③声優がすごい

2012年に第一弾が発売されてから現在に至るまで
声優が変わっていません。

そのため、攻略キャラの声優さんが
今や超人気声優になってます(笑)

サブキャラの声優さんもすごい人達を
起用しているので、是非プレイして驚いてください(笑)

④華札が面白い

バトルでの華札は、本来の花札とほとんどルールは変わりません。
でも花札やったことない!って方が大半かと思います。


安心して下さい。
花札わからなくても全然ゲームできます。


アシスト機能付きのため、
どの札の組み合わせが強いのか
視覚的に教えてくれる
ので
なにもわからなくても出来ます!

ちなみに私も全く知識ない状態で始めたのですが
ちゃんとボスにも勝てましたよ♪


攻撃の時のボイスや、特殊効果の発動の演出や
BGMも

本当に乙女ゲーム!?

ってなるくらい作りこまれてて
普通にバトルゲームやってる気持ちになります(笑)

⑤ゲームごとに世界観の設定が少しずつ違う

舞台や主人公を取り巻くキャラクターは
同じなのですが、

タイトルごとにキャラクター達の関係性が
少しずつ変わっているんです。

たとえば、

主人公が華遷国立学園に編入せず、
 一般の高校に通っているまま
・攻略キャラが一般の高校の先輩
・別のシリーズで敵として出てきたキャラが
 学校の先生

などなど!
全シリーズを通してパラレルワールドみたいに
なっている
ので、毎回新鮮な驚きがあります!

⑥乙女ゲームとしての完成度も高い

乙女ゲーム的な恋愛要素もちゃんと存在します。

ただ、華アワセは延々ラブラブしてるというより

死闘を乗り越え、互いが唯一無二の存在になる

みたいな感じでしょうか。

でも思わずこの恋を応援したくなるような
しっかりとした乙女ゲームの要素も
ちゃんと取り入れているので、
ときめいたり、感動したり、悲しかったり
沢山感情が揺さぶられる素敵な作品です。


待望の新作・いろは編が11/22に発売!

そんな、私が大絶賛のゲーム、
「華アワセ」の続編であり
集大成の完結巻がついに今月発売になります。


そのタイトルは

「華アワセ・いろは編」


ちなみに私の推しです!!!!!!!


第3弾のうつつ/唐紅編が発売されてから早4年。
ようやく推しのハッピーエンドが見られます!!!!

加えて、唐紅/うつつ編で盛大に次作への期待
MAXな展開のエンディングになっていたので、
華アワセの世界そのものの最後の展開も気になるところです♪


華アワセはどこで購入できる?

結構昔の作品なので、
現在では書店の購入は難しいと思います。

Amazonや楽天市場では一部取扱いがあると
思いますが、バラバラに集めるのって面倒ですよね。


そんな華アワセ初心者の方に朗報です!


いろは編販売を記念して、なんと

今までの3種といろは編の全4種がまとまった

「華アワセ全書」

というものが発売するんです!!!!


こちらには蛟編~いろは編の全てのゲームと
全シリーズのゲーム内音楽をまとめた
サウンドトラックが付いてくるという豪華仕様!


これさえ買えば全てを網羅できるので
めちゃめちゃにオススメです!


しかもお値段がなんと、

【7,900円(税抜)】


つまり1枚につき約2,000円。
昨今のPCゲームでは考えられない程破格の安さ(笑)

基本的にはWindows7以降のパソコンなら
大体起動できると思います♪


華アワセ全書の購入はこちらから↓

ステラワース
※この他にも独自の特典が付いているものもあります

アニメイト
※この他にも独自の特典が付いているものもあります

とらのあな


今までのシリーズをプレイしたことがある方には
勿論、いろは編単体でも発売されますよ!

単体の値段は【3900円(税抜)】


いろは編単体の購入はこちらから↓



どちらも発売日は同じく

【2019年11月22日(金)】

となっていますので、確実に手に入れたい方は
是非ご予約を!!


まとめ

とにっかくやって損は無いほど普通に面白い
乙女ゲームですので、
パソコンをお持ちの方は是非プレイしてみて欲しいと思います!

全部セット買うのはちょっと…という方は
中古ショップでムック本が販売してたりするので
そちらで中古を購入して蛟編だけでもやってみてほしいと思います!

それなら1500円程度ですしね(笑)


私は待ちに待ったいろは編の発売なので、
既に予約済みです♪
プレイするのがめちゃくちゃ楽しみ!

久々にオタク全開なブログになりましたが
是非皆さんも華アワセをプレイしてみて下さい~!!


タイトルとURLをコピーしました