夢と現実の絶妙なバランス・うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダムがすごい(感想)


キングダムに入国してきました。


どうもこんばんは、すくやです。
この言葉の圧がすごい(笑)


友人に誘われて、今界隈ではかなり話題の映画、

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダム

という映画(通常上映)を観に行ってきました。

個人的な感想とネタバレが
ここから始まるのでご注意下さいね。


でも一言だけ言おう。


うたプリを知っていようといなかろうと、
にわかだろうが出戻りだろうが何だろうが


世の中のアイドル好きは皆見た方が良い。



そもそも私のうたプリのスペックなんですけど、

  • ゲームやったことある(キャラ把握済)
  • アニメ何となく見てた(ヘブンズのみ曖昧)
  • 曲はアニメまでは知ってる
  • CD系は知ってたり知らなかったり


って感じの割と中途半端なオタクです。
ちなみに推しはカルナイです。
キャラ推しは嶺ちゃんレン様


以前ハマってる時期があって、
その時はライブ行ったりライビュ見たりしてたんですが、
最近は全然追っていなくて。

何となく面白そうだからという理由で観に行ったんですが
それがあんな感動を呼ぶものとはつゆ知らず・・・!!!

うたプリ映画の何がそんなにすごいのか、
次に1つ1つ推していきます!!

圧倒的にライブ映像

はっきり言います。

圧倒的にライブだった。

というか最早

私はライブビューイングを観に行ってた。



いや、ライブ映画なのは事前情報で知ってはいたんですが

本当に9割がライブ映像でした。


ライブやってない時はMCコーナーだった、
つまりもうライブを見ていた。


主人公(春歌)とのやり取りがあるわけでもなく
キャラたちの会話があるわけでもなく

本当にすぐライブが始まった。


衝撃的すぎて正直最初の方あまり内容覚えてません(笑)

あそこまで本格的なライブ映像が流れるとは
思っていませんでした。

しかもカメラワークが良い仕事するんだ…!!!
各キャラの一番良いシーンをちゃんと録ってくれてるんだ!!


まあ映画だからね!!!!!!(笑)


キャラ単体、ユニット全員、キャラ同士の目線のやりとり
絡み、会場全体、各ステージのセット、観客
下からのアオりと上からの俯瞰


いやほんと言うことない位カメラワークが仕事してる。

カメラさんの振り込み先教えて下さい今すぐ!!!!

って気持ちになります(笑)

歌とダンスとキャラの動きの完成度がすごい

今までもうたプリではアニメの中で
キャラクターがライブをしている映像が
映ってたことがあるんですけど、

今回は1曲まるまる振りがついている。


しかも驚くほどぬるぬる動く。
アニメ画のまま。


もっと3Dっぽいのとか、
何ならMMDとか散々見ていた世代なんですけど

うたプリはちゃんとアニメ画のままなんですよね。

これがすごい。
しかもアニメのキャラクターが
踊っていても違和感のないダンス。


本当にアイドルが良くやっているような振りが入っている。

2次元のキャラクターと3次元のアイドルの振りが
こうも自然に融合している
とは思わなかった。


しかも当然の如く

キャラクター1人1人動きが違う。


立ち位置とかの話じゃないんですよ。


立っている時の足幅
屈んだ時の膝の折れ具合
曲げた腕の角度


そういう、

オタクがめっちゃ気にするであろう
ものすごく細かい部分が1人1人違うんです。


映画では全員で18人出てるんですけど

ほんっとに全員違うの。

リズムの取り方も目線の配り方も。

ユニットで同じダンス踊るとするじゃないですか。
1人だけ少し振りのテンポずれたりしてるの。


スタッフさんは頭がおかしい(褒め言葉)


めちゃくちゃ動きが細かいから
推しから目が離せない。

他のメンバー見ようと思ったら
何度も見ないと絶対に追えない。


18回見ろってことですねわかります!!!!!

観客がすごい

映画はライブ映像なので、勿論どこかの会場で
ライブをやっているという設定なんですよね。

そこには当然観客がめちゃくちゃいっぱいいます。
(どんな徳を積んだらあの会場に行けるのか・・・)


その観客の反応が

超リアル。


ライブに1度でも参加したことがあれば

わかるー!!!!
こんな人いるー!!!!

って爆笑出来る場面が沢山(笑)


例えば

  • 推しの声に反応して1人で声あげちゃう奴
  • キャラ同士の絡みが尊すぎて「きゃー!」じゃなく
    「はあああ…(拝)」みたいな声あげちゃう奴
  • 異常にペンライト振ってる奴
  • 異常に跳ねてる奴


等々(笑)

観客の反応が本当にあるあるすぎて
余計にリアルみを増しているマジラブキングダム(笑)

あとキャラクターのコーレスもすごくリアルで、

男子だけにコーレスをさせた時、1回目声が小さくて
キャラクターがもう一度コーレスを促したりする
のって


マジであるよね!!!!!


っていうかちゃんと男子もいる設定なのも
最高にリアル。
男性アイドル好きの男性も勿論いますからね!


観客は別に顔が出てくるわけでもなく、
(基本ペンラしか映ってない)
歓声だけが聴こえるのに、この圧倒的リアルさ


作ってる方々が私たちの生態を
把握しすぎてて本当に面白い(笑)

夢と現実の丁度良いバランスが素晴らしい

ライブ演出が本当に素晴らしくて。


リアルでライブでやっているような演出
アニメだからこそ表現できる演出


そのバランスが最高に丁度いい。


例えば、

ワイヤーで吊られたり
舞台がせり上がったり
メイン→センター→エンドステージの流れで曲が来たり
トロッコ使ってみたり

こういうのはすごくリアルだし、
実際のライブ演出でもよく見ますよね。

対照的に、映画では

水を使って1人1人のステージが浮き上がったり
圧倒的な巨大なお城がステージに立っていたり
(張りぼてじゃないやつ)
エアースケボーみたいなので空中を飛び回ったり


みたいな、

いやあり得ないだろww

っていう演出もあり。

でもこの夢と現実の演出を
上手く使い分けることによって

あれ?ホントにあるかも知れない・・・!

みたいな気持ちにさせてくれるんですよ!!
この演出がニクい!!!

夢の演出は個人的に
マクロスFのシェリルのライブ
思い出しました。


当時シェリルのライブ映像を見た時

こんなライブがあったら超楽しいだろうな

って思った感覚をうたプリでも味わいました。


しかも更にリアルが加わったおかげで、

本当にどこかの場所でこんなライブが
繰り広げられている

っていう気持ちになれる。


ライブビューイングやってくれてありがとう!!!


って気持ちになる。
すごい。うたプリすごい。

映像の美しさが本当にアイドル

映画ってだけあって、
キャラクターの作画は一瞬も崩れないし
衣装が凝っていて眺めるの飽きないし
(皆それぞれちょっとずつ違う)

炎や銀テープの特効の迫力と映像美が凄まじい。


また、アイドルによくある
キャラクター毎のカラー設定も勿論あるので

各メンバーの色を取り入れたステージの配色やライト
舞台美術や衣装が色とりどりで本当にポップでキラキラ輝いてた。

1秒1秒に凝縮させたアイドルのキラキラが詰まっていて
生でライブを見ている時の胸のトキメキが
そのまま映画館で味わえる
んです。



2時間弱、いつどの時間帯の公演を見ても
推しの最高のパフォーマンスと笑顔が見られる。


いや、最高かよ。

アンコール

最早映画であって映画でないうたプリには


まさかのアンコールがある。



これ初日無かったらしいですね。
後から追加されるって


それまんま生のライブじゃないか!!!!!


ラストの曲があってエンディングがあり
スタッフロールが流れます。

※ちなみにこのスタッフロール中は
キャラクター達のライブ前のレッスン風景や
バクステの画が映るのでマジで一瞬たりとも目が離せない

その間「アンコール!」って声は
聞こえてたと思うんですけど(最早曖昧)


そこで暗転して終わりと思いきや


「アンコールありがとー!!!」


って、またライブが始まる。


本当に私はライブビューイングを見ていたのでは??(混乱)



しかも週によってどうやら
アンコール後のコメントを言う
キャラクターが変わっているらしいですね。


一体どこまでファンを喜ばせたら気が済むんだ
うたの☆プリンスさま。



アンコール時のキャラクターの動きも
ライブやライブDVDで本当によく見る動きをしていて…!!

メンバー同士でカメラに向かって同時にピースしたり
ハート投げてみたり
くるくる回ってみたり、悠々と手を振りながら歩いてみたり。



感無量。



最初から最後まで完璧かようたの☆プリンスさま。
キラッキラに輝く王子様達が、そこに存在していました。

総括

映画として、となると内容は
本当にライブしてるだけなので
評価し辛いんですけど

ライブビューイングとしての内容だったらもうこれは


1億万点くらいあげたい。


映像や演出等のクオリティは本当に申し分ないので、

プリンス達のことをよく知っているファンから見れば
彼等の成長した姿に泣けるし

よく知らない人から見ても
すごい楽しいライブだった!
って感動出来る。


つまりどう足掻いても泣けるし幸せになれる。


しかも映画公開期間中

いつでもこの激ヤバクオリティの
ライブパフォーマンスが見られる。

そりゃあ何度も入国する人がいるわけだ(笑)


あと思わず歓声を上げたくなるシーンが沢山あるので
応援上映が本当に楽しい映画なんだと思う。
私は行けてないので誰か感想を教えて下さい(笑)


最初は本当に無名の乙女ゲームだったうたプリが
ファンの力を借りて映画でライブが出来るまでになったということを
考えると、俄かファンの私でも感慨深いものがあります。


私が推しを輝かせたの!!!!


とはこのことですね(尊敬するオタク先輩の有難いお言葉)

ファンの作品への想いと、作品からファンヘの想いが
こうやって素晴らしいものへと昇華されるっていうのは
本当に素敵ですね。

推しは推せる時に全力で推すべし。
大好きな作品が、推しがいるなら
全力で応援すれば、返ってくるものがあるってことですね。

それを改めて思い知らされる
うたの☆プリンスさまっ♪マジラブキングダム

まだ見てないって方は騙されたと思って1度観てみて下さい!
生きる元気が湧きます!推しを応援する気持ちが湧いてきます!


まだまだ劇場で公開中なので、詳しくは
公式HPをチェックしてみて下さいね♪



うたプリを観て、皆もレッツ推し活!!!!

タイトルとURLをコピーしました