サッカー漫画・アオアシがサッカーを超えて面白い


この漫画舞台化するやん。推しが出るやん。読まねば。


どうもこんばんは、すくやです。


上のような至極単純な理由で読み始めたのが
『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載されている
小林有吾先生が書く、この


「アオアシ」


というサッカー漫画。
軽い気持ちで読み始めた私が悪かった。


いやこれめっちゃ面白いじゃないか!!!


ていうか待って。読み応えが尋常じゃない。


新しい発見と喜びに胸躍らせながら
これは推すしかないと思った私は
早速ブログを書くのだった…。

アオアシってどんな漫画?


めっちゃくちゃ簡単に言うと、


「東京エスペリオン」っていう架空のJリーグチームのユース
(プロを目指すクラブチームみたいなもの)


が舞台のサッカー漫画。


人とは違う特殊能力(といっても結構現実的なやつ)を持ちながらも、
地方で燻っていた主人公の青井葦人(アオイ アシト)

そんなアシトがユースの監督にひょんなことから才能を認められ、
仲間を得ながらどんどん能力を開花させていく、
ある意味シンデレラストーリーみたいなお話。


ここまで聞くと

まぁよくありがちなサッカー漫画だな

って印象を受ける人もいるかも知れない。


でもアオアシの面白さはぶっちゃけサッカーの内容じゃない。

アシトの特殊能力

少年漫画って割と主人公は特殊能力を持っていたり、
最初からチートだったりする傾向が多いんだけど、

アオアシは特殊能力持ってる系の主人公


だけど、その特殊能力がリアル。


リアルではあるんだけど、

「そんな能力基本的には実在しないよね」

みたいなすごい絶妙なリアリティのある特殊能力。


サッカード素人な私でも、

テレビでサッカーを見た時に感じるモヤモヤ

みたいなものを一気に解決する
トンデモ能力を主人公に最初から付加させてる。


でもアシトはチートでも何でもないただの人間だし、
サッカーの個人技術に関しては
むしろ他のメンバーより劣ってる方。


つまり、例えるなら

アシト本人のレベルは1、武器(特殊能力)のレベルは10

みたいな状態で物語が始まる。

アオアシは「ひたすらに考える漫画」

この漫画の中で何度が出てくる名言に


「人間は考える葦である」


っていうのがあるんだけど、


この主人公はとにかくひたすら考える。

考えて考えて、


どうして自分がそのポジションにいるのか、

何故その行動をしたのか、

何故相手は自分に向けてあんな言葉を言ったのか、


とにかく結果からの逆算をして
思考しながらサッカーをする。


こう言うとアシトが理論的で理性的なやつに
思えるかもしれないんだけど、
彼自身はむしろ非常に感覚的で感情的な人間で。

でもそれでもプロになる為に、
点を取る為に全てを吸収して考えていく。

そのプロセスを丁寧に、細かく描写されているのが
とにっかく面白い。


私みたいな、

サッカーって11人だよね~

位しかわかってないド素人丸出しの人間にとって、
サッカー選手が何を考えてサッカーしているかなんて全くわからない。

むしろ考えているということを、考えていなかった。


でもこの漫画を読むと、
サッカー選手が

如何に多角的に物事を考えながらサッカーをしているのか

を思い知らされる。


それなのに、全然理屈っぽくない。

恐らくそれは、感覚人間のアシトが色んな人にヒントを貰いながら、
1つ1つ学んでいくのと一緒に私たちも自然と学んでいくから。


とにかく思考するサッカー漫画。

こんな新しいサッカー漫画があったとは。


勿論思考だけじゃなく、考えが体に染み込むまで
アシトはひたすら練習するし、努力を惜しまないんだけども。
(その描写も小学館らしくちゃんと漫画として描かれてる)

考えて、試して、失敗して、それでも考えてぶち当たって、
仲間と協力しながら道を切り開いていく、レベルアップする。
ちゃんとハチャメチャに熱い漫画でもある。

そうしてアシト自身がレベルアップすると、
今度は無意識的ながらも、
特殊能力がちゃんと自分のものとして使えるようになる。

自分がレベルアップした分だけ、
その特殊能力もどんどんレベルが上がり洗練されていく。


人がレベルアップしてくのが、こんなに面白いなんて…!!!

『読者との共感性』が生む、アオアシの魅力

サッカーだけに限らず、

私たちは常日頃から『考える』という作業をしている。

例えば仕事や家事やプライベートで、


どんな風に動いたら効率がいいか、

自分の行動が相手にどう伝わるか、

どんな結果をもたらすか。


日々行動して、時には失敗して、
落ち込んで、でもまた立ち上がって。

フィールドは違えど、
アオアシにはそれが何度も描かれていて、
これでもかって位アシトは壁にぶち当たる。


でも考えて、立ち上がって、越えていく。


アシトの強さはチートなんかじゃなくて、
何度でも立ち上がって考えていける強さであり、

その強さは憧れて、でも持てなくて、
っていう、
私みたいな、

特に大人には特に響くし胸を打つ。


だからサッカーの細かいことがわからなくても、

例えCBとSBの違いがいまいち分からなくても

ちゃんと面白いんだと思う。

アオアシの漫画を無料で読む方法

アオアシは2019年6月現在、
17巻まで発売されてます。

そんなアオアシに興味持ったよ!って方

なんと小学館eコミックストア

今なら【7/11 23:59】までの期間限定

3巻までまるごと無料で読めちゃいます!!


◆◇アオアシまるごと試し読みはコチラから◇◆


ちなみにTSUTAYAにも場所によっては
コミックレンタルしてますので
続きが気になった方は
購入したりレンタルしてみて下さいね♪

アオアシ・舞台化もします


内容気になるけど
17冊はちょっとしんどいな・・・


そんな人に朗報。


なんとこのアオアシ、舞台化します!!!
(ブログ冒頭の台詞に戻る)


キャスト見る限り多分最初の方の話をやると思うし、
舞台っていうのは基本的に漫画の内容知らなくても
わかるように出来ていると思うので、

能動的に自分で読むの無理

って人は劇場に行って受動的に内容知っちゃお!?

漫画全巻買うより1回舞台見る方が安いしね!!


舞台の主人公のキャストさん、
私の大好きな杉江大志くんなんですけど、


この人本当に性格がアシトにそっくりで!


地方から出てきて俳優やってて、
逆境にへこたれない最高にプラス思考の人で
死ぬほどマイナス思考な私にいつも元気をくれる
電池みたいな人だと思ってる(笑)


その彼は元々アオアシ大好きで、


舞台やるならアシトは自分しかいない!!


って思ってたって言うほどなので、
多分シンクロ率は高いんだろうな…!!

●○舞台の公式サイトはこちらから♪○●


漫画でも舞台でも、気になった方を是非!


サッカーとサッカー選手の見方が変わります。


何か偉そうにべらべらと語ってしまいましたが
私が言いたいことはただ一つ。


皆!!アオアシ読んでみてくれよな!!!!!



続きが早く読みたいすくやでした(笑)

タイトルとURLをコピーしました