放置するだけ!腕時計のベルトをピッカピカに掃除する方法♪




意外に汚れる




どうもこんばんは、すくやです。


皆さんも仕事等で身に着けていることが
多いと思います、


腕時計。



この腕時計、

定期的に掃除してますか?



皮のベルトなら皮の部分を交換するだけで
何とかなりますが、金属ベルトの場合は
交換というわけにもいきません。


ただ、知らない間にベルトの隙間に


ホコリや皮脂が溜まって
汚れてしまうんです。



私もよく掃除をさぼって放置していると
腕時計をつけているだけで

腕に黒い跡が付いたりします。

このように隙間にホコリや皮脂が積もっています


ここまでくると真剣に掃除しなきゃってなりますよね(笑)


でも腕時計って
いまいち掃除の仕方が分からないし、
時計屋さんに行かないといけないのでは?

って思う方もいるかも知れませんが


掃除方法はめっちゃ簡単

自分で掃除出来ちゃうんです!!


そんな腕時計をピッカピカにする簡単な方法を

今回はお教えします!!!


用意するもの

用意するものは以下の通り!

  • 掃除したい金属製ベルトの腕時計
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 割り箸
  • お湯(150~200ml程度)


たったこれだけ!

あとはもしあれば小さじ(5ml)のスプーン
用意して下さい。
勿論なくても大丈夫です!


セスキ炭酸ソーダとは?

用意するものの中に入っている

「セスキ炭酸ソーダ」

というものをご存じない方もいらっしゃるかと
思いますが、簡単に言えば

重曹の上位互換

とでも思って下さい。


セスキ炭酸ソーダは重曹と同じく
「アルカリ剤」で、
家庭用洗剤や入浴剤としても使われています。


セスキ炭酸ソーダの特徴は

  • 重曹よりも水に溶けやすい
  • 洗浄力が高いのに手荒れの心配が少ない
  • 皮脂や垢などの汚れを落とすことが出来る


というところです。
腕時計の洗浄にはぴったりなシロモノですね!


ちなみにセスキ炭酸ソーダは

100円ショップで簡単に手に入ります!


重曹や洗剤などと同じような場所に
置かれていることが多いので探してみて下さい♪
我が家にあるのも100円ショップで購入した物です!


腕時計の洗浄方法

①水を温めて40度位の温かさにする

お湯の温度を調節できるなら40度に、
難しければ500Wの電子レンジで40秒
温めて下さい。

人肌の温度よりも少しあったかい感じになったらOK。

40度にするのは一番皮脂汚れが落ちやすい温度だからです!

②温めたお湯にセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯分入れて混ぜる

小さじが無い方は適当なスプーンで。
結構適当でも大丈夫です。
セスキ炭酸ソーダを混ぜると写真のように白く濁ります。

③割り箸を割って、写真のように時計を引っ掛ける

防水の腕時計ならそのままドボンしても
良いのですが、普通の腕時計の場合は
写真のようにしてください。

④そのまま10~15分ほど放置

どんどん黒い汚れが勝手に浮いてきます。

水の中に黒い汚れが浮いているのがわかります

⑤腕時計を取り出してベルトの部分を軽く水洗い、またはウェットティッシュ等で拭いて終了!

腕時計を取り出す際は、自身の手で
腕時計をつまみ、お湯の中で軽く揺らして下さい。

そうすると浮いた汚れがより剥がれますよ!

時計を揺らすとめっちゃ黒い汚れが浮いてきます(笑)

水洗いした後の腕時計のベルトを
ティッシュで拭うと、こんな風に
黒い汚れが付きます。


これがホコリや皮脂です。めっちゃ汚い(笑)

掃除した後の腕時計はこちら!

こんなにピッカピカになりました!!

だいぶ綺麗になりましたね!

見た目も何だかキラキラしているような…(笑)


セスキ炭酸ソーダ以外のものでも綺麗に出来る

セスキ炭酸ソーダ以外のものを使って
綺麗にする方法もあります。


①重曹を使う

②ポリデントを使う


両方効能はセスキ炭酸ソーダと同じです。

ただ、
重曹はセスキ炭酸ソーダに比べて洗浄力が弱く
時間がかかります。

また、ポリデントに関しては
セスキ炭酸ソーダより値段が高いです。


セスキ炭酸ソーダの場合は袋に入っていて

1回購入すれば何度も使えるし、
台所回りの汚れや、服についた汚れにも使える


ので、個人的には一番オススメです!


まとめ

低予算でこんなに簡単に掃除できるので、
毎日することはないですが、たまには腕時計も
掃除してみてはいかがでしょうか!


自分磨きと共に身に着けるものも綺麗にして
皆さんもレッツ推し活♪

タイトルとURLをコピーしました