のどの痛みに速攻効く・大根はちみつの効果とパワー



これぞ伝統の力




こんばんは、すくやです。

最近ようやく涼しくなってきましたが、
代わりに寒暖差に風邪を引いた
なんて方も多いかと思います。

私もその1人(笑)


私はのどから来るタイプなんですが、
咳とのどの痛みが酷くて・・・!!!



ただ平日は仕事の都合上病院に行けない!


なんて方も沢山いらっしゃるかと思います。
そんな時、病院に行く前に試して欲しいのがこちら。


「大根はちみつ」


これが驚くほど効くんです!!!


大根はちみつとは?


大根はちみつとは、
江戸時代から伝わる民間療法の一つ。

そのままの意味で、大根のはちみつ漬けのことです。


昔は風邪薬の代用品として使われており
現在でも子供や風邪薬を飲めない妊婦さん等に
咳やのどの痛みに良く効くものとして人気です。


大根とはちみつにはそれぞれ
以下のような効能があります。

◇大根 

  • 消化の促進、胃もたれの解消
    (ジアスターゼの働き)
  • 抗菌作用(ラファサチン)

◇はちみつ

  • 疲労回復(ブドウ糖)
  • 整腸作用、殺菌作用


それぞれが殺菌や抗菌作用を持っていますが、
こちらを合わせることで、
より風邪菌の繁殖を防いでくれるようになる
ってことですね!


大根はちみつの作り方

作り方はとーっても簡単。

用意するものは以下。

  • 大根
  • はちみつ
  • タッパー(保存容器なら何でもOK)



以上(笑)

本当にこれだけで簡単にできます。


分量も本当に目分量で適当でも出来ちゃいます。

私が作る時は、まずタッパーを用意して、
そのタッパーが半分埋まるくらいに大根を入れます。

大根は生のままでOK。
皮を剥き、いちょう切りにします。
切り方は正直何でも大丈夫です。
くし切りでも、何ならおろしちゃっても大丈夫。

とにかく生の大根を保存しやすい大きさで切ります。


そしてそのタッパーに入った大根が
半分浸かるくらいはちみつをぶっかけます。

はちみつは市販のはちみつでOKだし、
基本どんなやつでも大丈夫。
私は近所のスーパーで売ってる
お徳用(1kg/500円程度)を使ってます。


はちみつも目分量で大丈夫。
はちみつをかけた当初ははちみつが固まっていて
どろどろしています。

本当に目分量で適当にやっても大丈夫(笑)



これを冷蔵庫に入れて数時間放置。

すると、いつの間にかはちみつが
サラッサラになって謎の液体が出来ます(笑)

こんな感じではちみつがサラッサラになります


これが大根はちみつのエキスになります!!


大根はちみつの飲み方


エキスが出来たらあとは摂取するだけなんですが、

①エキスをそのまま飲む
②お湯に溶かして飲む
③水で割って飲む
④炭酸水で割って飲む
⑤大根自体を食べる


上記何でも大丈夫です。

これからの季節的に①、②、⑤がオススメです。

私はもっぱら②ですね。
①は、はちみつが甘いので沢山取れませんし、
⑤もお腹いっぱいになるので(笑)

私が飲む時は、
大根はちみつエキスを大さじ1杯、
マグカップのお湯の中に入れて混ぜて飲みます。

こんな感じで美味しそうな色になります♪


分量はお好みで増やしたり減らしたりしてOK。

これを私の場合はなるべく朝晩、
食後に飲んでます。


味については飲んだ瞬間は大根を感じますが
ほぼはちみつ湯を飲んでいる感覚。


少し大根の匂いがしますが、
個人的にはあまり気になりません。

それよりも
咳が酷くて、喋ると痛いってくらい
喉の痛みが酷い時に
これを3日くらい続けると、



驚くほどのどの痛みが引きます。



マジでこんなに効く??ってくらい、
痛みが治まります。


流石伝統的な民間療法。

そら皆やるわけですわ(笑)



喉風邪を引きやすい私(季節ごとに引いてる)は
はちみつを常備しています。

で、ヤバそうな時に大根買って帰って
もっぱらこれを作って飲みます。

これで平日を乗り切って、
土日に病院に行くわけです(笑)



あと、⑤の大根はちみつを
生で食べるってやつですけど

意外と美味しいです(笑)


多分意見が分かれるところだと思うんですけど、
私は結構いける。

大根から水分が抜けてしわっしわになるので、
お漬物感覚でぼりぼり食べてます(笑)


生は無理!って言う方はスープなどに
大根を入れちゃって処理するのも全然あり!

はちみつなので、スープの味がまろやか
かつコクが出て、美味しくいただけますよ♪


大根はちみつを作る時の注意

とっても効く大根はちみつですが、
注意点が2つ。

①2~3日で使い切ること

あくまで生の大根ですからね。
日持ちしないため、なるべく早く
使い切ることをオススメします。

同時に一気に沢山作るのではなく、
小まめに作るのがポイント。

②1歳未満の乳児には与えない

はちみつにはボツリヌス菌が含まれている可能性があります。

乳児は腸内環境が大人と異なる為、
乳児ボツリヌス中毒を引き起こす可能性が
あるので、与えないように注意して下さい。
(厚生労働省より)


まとめ

市販の薬を買うよりも安上がりで、
健康にも良い大根はちみつ。

風邪の症状が酷い場合は勿論市販薬や
病院に行くことも重要ですが、

咳や喉の痛みで苦しんでいて、
今すぐに何とかしたいって場合には
是非とも試してみてほしいです!


皆さんも身体には気をつけつつ、
レッツ推し活!!!!


タイトルとURLをコピーしました